Windows Hello for Business (WHFB) をやる。

前提

  • Windows Server 2012 R2以上のサーバが一つ以上
    (AD CS / スキーマアップグレード後のAD DS)
  • Windows Server 2016 のサーバが一つ
    (AD FS / AD DS(アップグレード用))
    (ラボ環境であれば2016のサーバが一つあればOK.)
  • Azure ADのテナントをつくる
    (Azure AD Premiumのライセンスが必要か不明)

というのを満たせばWindows Hello for Business(以下WHFB)のハイブリッド証明書構成を構築することが出来ます。
WHFBのキー信頼構成を行うとAD CSの構築は不要ですが、ドメインコントローラのどれか1台にWindows Server 2016 が必ず必要になります。

工程

工程は次のようになります

  • AD DSのインストール
    (Windows Server 2012の場合には2016スキーマへアップグレード)
  • AD DSの設定
  • AD CSのインストール
  • AD CSの設定
  • AD FSのインストール
  • AD FSの設定
  • AAD Connectorのインストール
  • AAD Connectorの設定
  • GPOの設定
  • Device Registrationの確認
  • ユーザごとのPIN設定

(そのうち続く)